1. 各種規約

各種規約

「7SALON」サービス利用規約

第1条 はじめに
1.この利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、株式会社FCEパブリッシング(以下「FCEP」といいます)が「7SALON」の名称で運営するサイト上で提供するサービス(以下「本サービス」といいます)を、本サービスを利用する方(以下「ユーザー」といいます)が利用する際の一切の行為に適用されます。
2.本利用規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本利用規約に従い本サービスを利用するものとします。
3.本サービスは、個人を対象として提供するサービスです。よって、FCEPが特に認めた場合を除き、個人ではない法人その他団体等の名義により本サービスのユーザー登録をすること、および本サービスを利用することはできません。
4.ユーザーが本サービスのユーザー登録をした場合、および本サービスを利用した場合、ユーザーが本利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされるものとします。

第2条 本利用規約の変更等
1.FCEPは以下の場合に、FCEPの裁量により、本利用規約を変更することができます。
 (1)本利用規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき。
 (2)本利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に関わる事情に照らして合理的なものであるとき。
2.FCEPは前項による本利用規約の変更にあたり、変更後の本利用規約の効力発生日の1週間前までに、本利用規約を変更する旨および変更後の利用規約の内容とその効力発生日を本サービスサイトに掲示し、またはユーザーに電子メールで通知します。
3.変更後の本利用規約の効力発生日以降にユーザーが本サービスを利用したときは、ユーザーが本利用規約の変更に同意したものとみなされるものとします。

第3条 利用申込・登録と登録期間等
1.本サービスの利用を希望する方は、本利用規約の内容に同意したうえで、FCEP所定の方法により申込を行うものとします。
2.本サービスの利用申込をした方(以下「利用申込者」といいます)は、FCEPが当該申込を承諾した時点でユーザーとなります。
3.ユーザーのユーザー登録有効期間(本サービス利用可能期間)は、FCEPが利用申込者の申込を承諾した時点を始期とし、ユーザー登録がなされた日の翌月の登録締日(下記ご参照。以下「登録締日」といいます)の23時59分までとなります。登録締日の23時59分までにユーザーがFCEP所定のユーザー登録終了の手続きを行い、FCEPが当該手続きを完了するか、またはユーザーの資格が失効しない限り、原則ユーザー登録の有効期間は自動的に翌月の登録締日まで更新(以下「自動更新」といいます)されるものとし、以降も同様とします。
【登録締日について】
・「登録締日」はその月の末日の4日前の日となります(31日の月は27日、30日の月は26日、28日の月は24日)

第4条 利用申込の不承諾等
FCEPは、次の各号のいずれかに該当する場合、FCEPの判断によって、利用申込者の申込を承諾しないことがあります。この場合、FCEPは利用申込者に対し当該承諾しなかった理由を開示する義務を負わないものとします。
(1)利用申込者が、FCEP所定の方法によらずに利用申込を行った場合
(2)利用申込者が、虚偽の事項に基づいて利用申込した場合
(3)利用申込者が、過去に本利用規約またはその他の規約・契約等に違反したことを理由として本サービスまたはその他FCEPのサービス利用停止処分を受けた者である場合
(4)その他FCEPが不適切と判断した場合

第5条 ユーザー登録の終了
1.ユーザーが本サービスの利用を終了し、ユーザーとしての登録削除を希望する場合、ユーザーは、FCEP所定の方法により手続きを行うものとします。
2.FCEPは、ユーザーが次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合、FCEPの判断によって、ユーザーによる本サービス利用をお断りし、ユーザー登録を強制的に終了および削除することがあります。
(1)FCEP所定の方法によらずに利用申込を行ったことが明らかとなった場合
(2)ユーザーがなした利用申込の内容に虚偽事項があったことが明らかとなった場合
(3)ユーザーが登録した本サービスに関わる料金・商品購入等料金の決済ができない場合
(4)本利用規約に違反した場合
(5)その他FCEPが不適切と判断した場合
3.ユーザーの本サービスのユーザー登録が終了・削除された場合、FCEPは下記の各情報(総称して以下「ユーザー関連情報」といいます)の一部または全部をユーザーの同意なく任意に削除することができるものとします。
①本サービス内のオンライサロン・掲示板・チャットその他のユーザーが発言・投稿等し、または他の利用者とコミュニケーションをとることのできるサービス機能(総称して以下「発言・投稿サービス」といいます)におけるユーザーによる発言・投稿等の情報(以下「ユーザー発言・投稿等」といいます)。
②本サービスにおいてユーザーが登録したユーザー発言・投稿等を除く情報(以下「ユーザー登録情報」といいます)。
③前各事項の他、本サービスのシステムおよびその他FCEPにおいて記録または保有・保管等されているユーザーに関わる情報(利用履歴、購買履歴、あるいは支払関連履歴等を含みます)。
4.前項に関連し、ユーザーが本サービスの再登録あるいは再利用する場合にユーザーが従前のユーザー関連情報を再利用できるようにすることを目的として、FCEPは、本サービスのユーザー登録が終了・削除されてから1年以上においてユーザー関連情報を保管することができるものとします。なお、当該ユーザー情報を保管することについてFCEPはユーザーに対して義務を負うものではなく、FCEPの任意の判断によりおこなえるものとします。
5.FCEPは、前二項に関わり、ユーザー発言・投稿等を削除する義務を負うものではありません。ユーザー発言・投稿等を削除するか否かはFCEPが任意に判断することができるものとします。FCEPが削除することを決めない場合、ユーザーの本サービスのユーザー登録が終了・削除された以降においても、ユーザー発言・投稿等については、本サービスにおいて掲載され続け、他のユーザーにおいて引き続き閲覧可能な状態となります。

第6条 利用料金等
1.本サービスを利用するには、下記に定める要領により、FCEPに対して本サービスの月額基本利用料金(以下「基本利用料金」といいます)を支払う必要があります。ユーザーは基本利用料金を支払うことにより、有効期間中本サービスを利用することができます。
①基本利用料金(月額)は別途本サービスのサイト等にて表示される金額(消費税別途)とします。
②基本利用料金の支払い方法は、別途本サービスのサイト等にて表示されるFCEPが指定する方法に限るものとします。
2.本サービスにおいては、基本利用料金とは別途の利用料金(以下「その他利用料金」といいます)が生じるオプションサービスを提供する場合、あるいは有料の商品等を販売する場合があります。ユーザーはこれら有料オプションサービスを利用し、あるいは商品等を購入した場合、それらのその他利用料金または商品等購入代金をFCEPが別途定める方法にて支払うものとします。
3.FCEPは、基本利用料金およびその他利用料金を変更する場合、変更日の1か月前までにユーザーに告知するものとします。ただし、やむを得ない事情が存する場合はこの限りではありません。また商品等販売金額についても適時を変更される場合があります。
4.FCEPは、ユーザーが支払った、または自動更新後に発生することが一旦確定した基本利用料金およびその他利用料金について、ユーザーが本サービスを有効期間内に利用しなかった場合、ユーザーが自主的にユーザー登録終了した場合、またはユーザー資格が失効した場合を含め、理由の如何を問わず返金および減免等を行わないものとします。

第7条 登録メールアドレスおよびパスワードの管理
1.ユーザーは、自分の管理に属する使用可能なメールアドレスを登録メールアドレスとして登録しなければならないものとします。またユーザーは、当該登録メールアドレスが自己の管理に属さなくなった場合、自己の管理に属する使用可能な別のメールアドレスを変更登録しなければならないものとします。
2.ユーザーが前項に定める変更登録手続きを怠ったことにより、ユーザーに損害が生じたとしても、FCEPは何らの責任を負わないものとします。
3.ユーザーは、自己の登録メールアドレスおよびパスワードの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を負うものとします。
4.登録メールアドレスやパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等について、FCEPに故意または重過失がある場合を除き、FCEPはいかなる責任も負わないものとします。
5.FCEPは、ユーザー登録の有効期間中および有効期間終了後において、ユーザーの登録メールアドレスに対し、本サービスに関わる各種案内およびその他FCEPが任意に選定した情報等を定期また不定期に配信することができるものとします。ただし、ユーザーが情報の提供を希望しない旨を、事前または事後にFCEPに所定の方法で通知した場合、FCEPは本サービスの提供に必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。

第8条 アカウントの保有
1.ユーザーは1つのみの本サービスのアカウントを保有することができるものとします。1人が複数のアカウントを保有すること、また複数人が1つのアカウントを共同して保有し利用することはできません。ただし、FCEPが特段の事情により認めた場合はこの限りではありません。
2.ユーザーは自らのアカウントについて、いかなる場合・理由においても第三者に譲渡し、貸与し、または使用させてはならないものとします。

第9条 利用環境の整備
1.ユーザーは、本サービスを利用するために必要となる機器・ソフトウェア、通信環境、セキュリティ対策、およびその他を自らの責任と負担により整備するものとします。
2.FCEPはユーザーの本サービスを利用するための環境整備について一切関与せず、また一切の責任も負担しません。

第10条 第三者サービスの利用
1.FCEPは、本サービスの一部をFCEP以外の第三者が運営するWebサービス等(例えばFacebookやSlackなど。総称して以下「第三者サービス」といいます)を介して提供する場合があります。ユーザーは、第三者サービスを介して提供される本サービスを利用する場合、自らの責任と負担により当該第三者サービス利用に関わる手続きを行い、利用環境を整えるものとし、FCEPはユーザーによる当該第三者サービス利用に関わる手続きについて関与せず、またユーザーが当該第三者サービスを利用できることを保証するものではありません。
2.ユーザーは、第三者サービスを介して提供される本サービスを利用する場合、当該第三者サービスの運営者(以下「第三者サービス運営者」といいます)が定める利用規約等(以下「第三者サービス利用規約等」といいます)を遵守するものとします。

第11条 個人情報の取扱い
1.FCEPは、ユーザーに関わる個人情報をFCEPのホームページにて掲載する「プライバシーポリシー」に則して適切に取り扱うものとします。
2.FCEPは、本サービスの一部または全部について第三者サービスを介して提供する場合、当該第三者サービス運営者に対しユーザーに関わる個人情報を、本サービス提供に必要となる最低限の範囲および第三者サービス利用規約等に基づきユーザーが同意する範囲において提供する場合があり、ユーザーはこれに予め承諾するものとします。

第12条 ユーザーの責任
1.FCEPは、事前にユーザーおよび他の利用者の発言・投稿サービスにおける発言・投稿等の内容を閲覧することは行いません。従って、それら発言・投稿の内容や利用の状態については真偽、正確性、第三者の権利を侵害していないこと等を含め一切保証しておりません。発言・投稿サービスの利用は、ユーザーご自身の責任において行ってください。
2.ユーザーは、ユーザー発言・投稿等した内容について、第三者の権利を侵害していないことをFCEPに対し保証するものとします。
3.ユーザーは、ユーザーが本サービスを利用してなした一切の行為およびその結果について一切の責任を負います。ユーザーは他人の名誉を毀損した場合および他人の権利を侵害する行為をした場合、自らの責任と負担により解決しなければならず、FCEPは一切の責任を負担しません。
4.ユーザー発言・投稿等について、FCEPはそれらを保存する義務を負わないものとします。よってユーザーは、必要な事項・情報等については自らの責任においてバックアップをとる等するものとします。
5.ユーザーは、ユーザーが本サービスに関わり登録等したユーザー登録情報が変更等した場合、遅滞なくFCEP所定の方法によりFCEPに通知しなければならないものとします。
6.ユーザーは、FCEPまたは本サービスの他の利用者との間で紛争が生じた場合には、当事者間においてこれを解決するものとします。

第13条 発言・投稿に関する事項
1.本サービスおよび発言・投稿サービスでの使用言語は、日本語に限定します。
2.発言・投稿に関わり著作権等の権利が発生する場合、当該発言・投稿に特別の意思表示のない限り、それを書き込んだ利用者に帰属するものとみなします。
3.本サービスおよび発言・投稿サービスにおいては、何人も、他の利用者からの発言・投稿に応答しなければならない義務は負わないものとします。

第14条 各種視聴サービス
1.本サービスにおいては、電子書籍、オーディオブック、その他の動画や音声等(総称して以下「本コンテンツ等」といいます)をサービスサイト上で配信し、ユーザーが視聴できるサービスを提供する予定です。
2.本コンテンツの詳細(内容、視聴可能期間、有償となる場合の料金、その他等)については、本サービスのサイト上への掲載のほか、FCEPがユーザーの登録メールアドレスに配信するメール等により案内されます。
3.本コンテンツ類に関わる著作権その他の一切の知的財産権は、FCEPまたはFCEPに権利を付与する第三者に帰属するものであり、特に明示されている場合を除き、ユーザーに対してはそれらをユーザー自身のみが視聴することが許諾される以外の一切の権利は付与されないものとします。したがって、ユーザーは、特段の明示される許諾がある場合を除き、本コンテンツ類を第三者に譲渡、貸与しまたは視聴させることの他、ダウンロード、複製、転載、改変、翻訳、二次的著作物の制作、Web上への掲載等を含む公衆送信など権利者の権利を侵害する行為をしてはならないものとします。

第15条 本サービスの変更・利用の停止等
1.FCEPは、FCEPの都合により、本サービスの全部または一部をいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。
2.FCEPは、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の利用を停止または中断することができるものとします。この場合、FCEPは、本サービスの利用の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
①FCEPまたは第三者サービス運営者が本サービスに関わるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
②地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供・運用が困難となった場合
③本サービスに関わるコンピュータシステムまたは通信回線が事故により停止等した場合
④その他、FCEPが本サービスの提供・運用が困難と判断した場合

第16条 禁止事項
ユーザーは、本サービスにおいて以下の行為をおこなってはならないものとします。万一、ユーザーがこれら行為をなしたとFCEPが判断した場合、FCEPは、ユーザーによる本サービスの利用を停止させ、ユーザー発言・投稿等の一部または全部をユーザーの同意なく削除し、またはその他ユーザーにとって不利益となる措置をなすことがあります。
①日本国法令または公序良俗に反するおそれのある発言・投稿その他行為をすること
②著作権などの第三者の知的財産権を侵害し、または侵害を助長する行為
③国内法に抵触するサイトへのリンクを設定すること
④FCEPもしくは第三者のプライバシーを侵害し、もしくは秘密を漏えいするような発言・投稿をすること
⑤FCEPもしくは第三者に対する誹謗中傷または名誉き損、もしくは他者に対して不利益または不快感を与えるおそれのある発言・投稿をすること
⑥虚偽または故意に誤解を与える発言・投稿をすること
⑦民族的・人種的差別につながる、または倫理的に問題のある発言・投稿をすること
⑧特定の政党もしくは政治団体のための活動、宗教活動等を目的とした発言・投稿をすること
⑨商業用の広告、宣伝または勧誘を目的とする発言・投稿をすること。ただし、FCEPが事前に承諾したものを除きます
⑩自分以外の人物を名乗ったり、他の企業・団体・組織等の代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする言動をすること
⑪性行為、わいせつな行為等を目的として利用すること
⑫面識のない異性との出会い等を目的として利用すること
⑬アダルトサイト、ワンクリック詐欺サイト、ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を流布させることを目的とするサイト等、FCEPが不適切と判断するサイトに誘導する発言・投稿をすること(単にリンクを張る行為を含みます)
⑭他の利用者の個人情報を収集し蓄積すること、またはこれらの行為をしようとすること
⑮ユーザー自身または第三者の住所、電話番号、メールアドレス等の個人が特定される情報を本サービス内の他の利用者に公開される場所に発言・投稿すること
⑯FCEP等が禁止を明示した発言・投稿または削除した発言・投稿と同一または類似する内容の発言・投稿をすること
⑰本サービスの目的および開設されたテーマとは無関係な発言・投稿をすること
⑱本サービスにより得た情報を転載または引用および他メディアへの掲載等をすること
⑲事実に反する情報を他の会員に流布すること
⑳他の利用者による本サービスの利用を妨害すること
㉑次に掲げるスパム行為を行うこと。
(1)スパム投稿・スパムメッセージ:一人または複数の者が、本サービス内の発言・投稿可能な場所に、同一または類似の文章を発言・投稿し、またはメッセージで送信すること
(2)スパムワード:一人または複数の者が、本サービス内の発言・投稿可能な場所に、当該場所と無関係もしくは関連性の希薄な語句を複数羅列し、または著しく長い文章もしくは大量の語句を発言・投稿すること
(3)スパムURL:一人または複数の者が、本サービス内の発言・投稿可能な場所に、同一のURLを投稿し、またはメッセージで送信すること
(4)その他FCEPがスパムと判断する行為をすること
㉒FCEPの設備に蓄積された情報を不正に書き換え、または消去する行為をすること
㉓ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信または掲載すること
㉔FCEPまたは他者のサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、またはこれらの恐れのある行為をすること
㉕本サービスにより提供される情報を改ざん・消去すること
㉖本サービスに接続されている他のコンピュータシステムまたはネットワークへの不正アクセスを試みること
㉗本サービスまたは本サービス上で使用されているソフトウェアをリバース・エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること
㉘FCEPおよびFCEPの関連会社が関与する公開前のプロジェクトの内容を第三者に口外すること
㉙運営および特定メンバーへの誹謗中傷、荒らし行為な等コミュニティの秩序を大きく乱すこと
㉚本サービスの他、当社の運営するサービスを妨害する行為
㉛前各事項に類する行為をすること
㉜その他、FCEPが定める事項に反する行為をすること

第17条 免責事項
1.ユーザーが本サービスの利用により、第三者の権利を侵害しまたは第三者に対して損害を与えたこと、あるいはユーザーが第三者より権利侵害を受けまたは損害を受けたことに関連して生じた全ての苦情や請求について、FCEPは一切関知せず、また損害賠償その他の責任・義務を一切負いません。
2.FCEPは、ユーザーによる本サービスへの発言・投稿内容等を削除したこと、もしくは削除しなかったこと、または保存しなかったことについて一切責任を負わず、その理由を説明する義務を負いません。
3.FCEPは、本サービスの内容の追加、変更、または本サービスの中断、終了によってユーザーに生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。また、アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
4.FCEPは、ユーザーおよび他の利用者によって発言・投稿される情報を監視したり、保存する義務を負いません。
5.FCEPは、ユーザーおよび他の利用者によって発言・投稿される情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性等について責任を負いません。
6.FCEPは、次に掲げる場合、当該ユーザー発言・投稿等の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(総称して以下「閲覧等」といいます)ができるものとします。FCEPは、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。
①FCEPが、ユーザーの登録メールアドレスに宛てて閲覧等の同意を求める電子メールを送信した場合で、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
(ア)ユーザーが閲覧等に同意したとき
(イ)FCEPが閲覧等の同意を求める電子メールを送信してから7日以内に、これを拒否する旨のユーザーの電子メールでの回答がFCEPのメールサーバに到達しなかったとき。ただし、緊急性があり止むを得ない事由が生じたときは除きます。
②本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要なとき。
③裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けたとき。
④本利用規約に違反する行為またはその恐れのある行為が行われ、ユーザー発言・投稿等の内容を確認する必要が生じたとFCEPが判断したとき。
⑤人の生命、身体および財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとFCEPが判断したとき。
⑥本サイトを適切に運営するために必要が生じたとき。
⑦その他本規約にて定める事項に該当するとき。
7.ユーザーによる本サービスの利用に伴い、FCEPの債務不履行または不法行為に基づきユーザーに損害が発生した場合、FCEPはユーザーに対し、当該債務不履行または不法行為が生じた月においてユーザーに生じる本サービスの基本利用料金およびその他利用料金額を上限として、損害賠償責任を負います。ただし、FCEPに故意または重過失がある場合はこの限りではありません。

第18条 ユーザー発言・投稿等の閲覧・使用許諾等
1.FCEPは自らまたは第三者に委託して、ユーザー発言・投稿等を、本サービスの円滑な提供、本サービスの品質向上、本サービスシステムの構築、改良、メンテナンス等に必要な範囲内で閲覧等、監視、および使用することができるものとします。ただし、FCEPはこれらを実施する義務を負うものではありません。
2.FCEPは、ユーザー発言・投稿等につき、サービスの保守や改良等に必要な範囲で複製等を行えるものとします。
3.FCEPは、本サービスの広告および本サービスにより派生する商品化および役務化(書籍化等の二次利用を含むがこれに限りません)の目的のために、ユーザー発言・投稿等を無償で利用(複製・複写・改変・第三者へのサブライセンスその他あらゆる利用を含みます)できるものとし、ユーザーは、これをFCEPに対して、永続的かつ取消不能のものとして許諾するものとします。ただし、ユーザー発言・投稿等のうち個人を特定することのできる情報やユーザーが限定公開の意図を明示して投稿した情報を利用する場合、FCEPは、ユーザー発言・投稿等を投稿したユーザーの事前の承諾を得るものとします。
4.FCEPが本条に定める範囲内でユーザー発言・投稿等を使用するにあたっては、情報の一部および氏名等の表示を省略することができるものとします。
5.ユーザーは、本条に基づくFCEPによるユーザー発言・投稿等の利用について、FCEPおよびFCEPの指定する者に対し著作者人格権を行使しないものとします。

第19条 FCEPの削除権限
FCEPは、次に掲げる場合、ユーザー発言・投稿等の違法性・規約違反の有無に関わらず、ユーザー発言・投稿等の一部または全部をユーザーの同意なく削除し、またはその他ユーザーにとって不利益となる措置をなすことがあります。
①人(実在の人物であるか否かを問わず、漫画・アニメ等のキャラクターを含みます)の裸体(着衣の全部または一部を欠くものをいいます)を撮影・描写した発言・投稿がなされた場合。
②公的な機関または専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット・ホットラインセンター、弁護士等をいいます)から、ユーザー発言・投稿等について、違法、公序良俗違反または他人の権利を侵害する等の指摘・意見表明があった場合。
③権利者と称する者から、ユーザー発言・投稿等が自分の権利を侵害する旨の申告があった場合。ただし、権利者と称する者から権利者であることを合理的に判断できる資料を提示され、FCEPにて慎重に検討した結果、権利者であるとFCEPが判断した場合に限ります。

第20条 反社会的勢力の排除 
1.ユーザーは、現在および将来において、自己が次に掲げる各号に該当しないことを表明し、保証します。
①暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的勢力と認められる企業、組織および個人等(以下、総称して「反社会的勢力」といいます)であること、また反社会的勢力であったこと
②反社会的勢力に直接的または間接的に資金提供していること
③前各号に掲げるもののほか、反社会的勢力と何らかの関係を有していること
2.ユーザーは、自らまたは第三者を利用して、次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
①FCEPおよび本サービスの他の利用者に対して脅迫的な言動をし、もしくは暴力を用いること
②偽計または威力を用いてFCEPの業務を妨害すること
③FCEPおよび本サービスの他の利用者に対して不当な要求をすること

第21条 損害賠償
ユーザーの行為(ユーザーの行為が原因で生じた第三者からのクレーム等を含みます)に起因してFCEPに損害が発生した場合、FCEPはユーザーに対し、当該損害の全額(FCEPが負担する弁護士費用を含みます)を賠償請求できるものとします。

第22条 権利義務の譲渡禁止
ユーザーは、本規約に基づく全ての契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、FCEPの書面による事前の承諾なく第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとします。

第23条 本利用規約の有効性
1.本利用規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本利用規約のその他の規定は有効とします。
2.本利用規約の規定の一部が他の利用者との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本利用規約はユーザーとの関係では有効とします。

第24条 準拠法および管轄裁判所
1.本利用規約の準拠法は、日本法とします。
2.ユーザーとFCEPの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2022年●●月●●日制定 2022年●●月●●日適用

「7つの習慣セルフコーチング」講座受講申込規約(契約事項)

本受講申込規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社FCEパブリッシングによって運営されるWebサービス「7SALON(セブンサロン)」が主催する「7つの習慣セルフコーチング」(以下「本講座」といいます)の受講申し込みと受講に関する諸事項を定めたもので、本講座の受講申込みをされる方(以下「申込者」といいます)およびFCEパブリッシングにより本講座の受講を許諾され本講座を受講される申込者(以下「受講者」といいます。また、申込者と受講者を総称して以下「申込者・受講者」といいます)とFCEパブリッシング間における本講座に関する契約(本規約に基づく契約を以下「本契約」といいます)となります。
本講座のすべての申込者・受講者は、本規約にしたがって本講座の受講申込みおよび受講をするものとし、本講座の受講申込みをされた場合には本規約に同意したものとみなされます。

第1条(適用)
1.FCEパブリッシングと本規約に基づく本契約を結ぶのは申込者・受講者の個人本人となります。
2.本規約においては、本講座の申込み・受講にあたり、申込者・受講者の皆様に遵守していただかなければならない事項、およびFCEパブリッシングと申込者・受講者の皆様との間の権利義務関係が定められており、申込者・受講者とFCEパブリッシングとの間のあらゆる関係に適用されるものとします。
3.FCEパブリッシングは本講座に関し、本規約のほか、受講申込みおよび受講にあたってのルール・手引き等、各種の定め(以下「個別規定」といいます)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
4.本規約の規定が個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。
5.本講座の受講申込みおよび受講に関わり、Zoomその他の通信サービスや決済サービスなど、第三者が提供しているサービスについては、当該サービス提供者の規約が適用され、本規約は適用されません。
6.本講座の受講申込みを希望される方が未成年の場合、本規約に基づく手続きはできませんので、未成年の申込希望者はFCEパブリッシングの本講座担当窓口に相談をしてください(当該申込希望者の保護者の同意が必要となる場合、または保護者とFCEパブリッシング間での契約が必要となる場合、あるいはFCEパブリッシングが契約をお断りする場合があります)。

第2条(本講座と修了認定について)
1.本講座は、「7つの習慣セルフコーチング」プログラム(下記ご参照。以下「本プログラム」といいます)を主にZoomを利用したオンライン会議形式にて提供される講座です(将来においてZoom以外の方法を利用する場合もあります)。
【本プログラムについて】
①本プログラムは、Franklin Covey Co.およびその子会社であるフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(両者を総称して以下「Fコヴィー」といいます)が関連する知的財産権を保有する、個人あるいはグループでの使用を目的とした特定のオーディオ、ビデオ、マルチメディア制作物、印刷物およびその他の制作物を使用し、これらとノウハウに基づいておこなわれるプログラムです。
②本プログラムの知的財産権はFCEパブリッシングあるいはFコヴィーが保有しています。また、FCEパブリッシングは、本プログラムを使用し受講者に対し本講座を提供すること、および受講修了者に対し修了認定するライセンスをFコヴィーより付与されています。
2.本講座は、受講者を含むその他の複数の受講者と本プログラムを実施する講師(以下「講師」といいます)をZoomの会議室機能を利用し接続し実施されます。本講座の実施内容およびスケジュール等の詳細はFCEパブリッシングのWebサイト(以下「FCEパブリッシングサイト」といいます)等での別途の案内によります。
3.受講者が本講座の申込みをFCEパブリッシングにより承諾された日から、別途FCEパブリッシングが定めた期間内(特段の定めがない場合は申込日から6ヶ月以内となります。当該期間を以下「受講可能期間」といいます)に本講座の全ての単位講座を受講の上、FCEパブリッシングにより修了認定を受けた場合、FCEパブリッシングは受講者を「7つの習慣セルフコーチング一般講座修了者」と定め、修了証を交付します(修了証の交付は修了後約1ヶ月後となります)。
4.受講者が「7つの習慣セルフコーチング一般講座修了者」となった場合、FCEパブリッシングより「7つの習慣セルフコーチング認定コーチ養成プログラム」講座の受講資格が付与されます(受講に際しては別途所定の受講申込手続きおよび受講料支払いが必要となります)。
5.受講者が受講可能期間内に本講座の全ての単位講座の修了認定を受けなかった場合、その理由の如何に関わらず、以降において受講者は単位講座を受講する権利を喪失するものとし、このとき、FCEパブリッシングは受講者に関わり受領済の本講座の受講申込料を返還することを要しないものとします。
6.前項において受講資格を喪失した受講者が本講座を受けようとする場合、改めて本講座の受講申込みをしたうえで単位講座全てを受講する必要があります。
7.本講座の修了認定は受講者個人に対してなされます。これは、例外的にFCEパブリッシングが受講者の本講座受講の申込み手続きを所属する法人または団体等の名義において受諾した場合においても同様となります。
8.本講座の修了認定は、本講座を修了したことを認定する主旨のものであり、FCEパブリッシングおよびFコヴィーが修了認定を受けた受講者に対し本規約において明示する事項を除き何等の権利等を付与するものではありません。

第3条(受講申込・受講資格)
1.本講座の受講を申し込みに際しては、申込者が、本講座申込日から本講座の受講期間を経て修了認定を受けるまでの期間(この講座申込日から修了認定を受ける日までの期間を以下「本講座対象期間」といいます)において「7SALON」の有効なユーザー(会員)であることが前提要件となります。
2.申込者は、本規約の内容に同意したうえで、FCEパブリッシングサイトにて案内される所定の方法により申込みを行うものとします。
3.本講座の受講申込みをした申込者は、FCEパブリッシングが当該申込みを受理し、申込みを承諾した時点で本規約に基づく本講座の受講資格を得られ、本規約に基づく受講者として扱われるものとなります。
4.第1項の申込要件を満たさない場合、FCEパブリッシングは申込者からの申込みを受理せず、または受理を取り消すことができるものとします。
5.FCEパブリッシングが本講座の受講申込みを承諾した後、受講者が、本講座対象期間において「7SALON」のユーザーでなくなった場合、FCEパブリッシングは以降の受講者の本講座の受講資格および本講座の修了認定を受ける権利を消滅させることができるものとします。このとき、受講者が本講座の受講料等を支払済みであった場合でも、FCEパブリッシングはこれらを返金等することを要さないものとします。

第4条(受講申込の不承諾等)
FCEパブリッシングは、申込者が次の各号のいずれかに該当する場合、FCEパブリッシングの判断によって、申込者の申込みを受理または承諾をせず、または一旦なした申込みの承諾を撤回することができるものとします。この場合、FCEパブリッシングは申込者・受講者に対し当該受理または承諾しなかった理由あるいは承諾を撤回した理由を開示する義務を負わないものとします。
①「7SALON」サービスのユーザーではない場合
②本規約に基づく本講座の申込みまたは受講に関わる前提要件を満たしていない場合
③FCEパブリッシング所定の方法によらずに受講申込を行った場合
④虚偽の事項に基づいて受講申込した場合
⑤過去に本規約またはその他の規約・契約等に違反したことを理由として本講座またはその他FCEパブリッシングのサービスの利用停止処分を受けた者である場合
⑥その他FCEパブリッシングが不適切と判断した場合

第5条(受講申込料について)
1.本講座の受講申込料は、FCEパブリッシングサイトにて案内される金額となります。
2.受講申込料には単位講座の受講料、FCEパブリッシングが本講座に関連し受講者に配布するテキスト等料金、講座修了認定料が含まれています。
3.受講申込料は、FCEパブリッシングサイトにて案内される時期、方法にて支払われるものとします
4.前項の期日までに受講申込料全額の入金が確認できない場合、FCEパブリッシングは受講者の単位講座受講を拒否すること、あるいは本講座の申し込み受理自体を取り消すことができるものとします。
5.FCEパブリッシングが受け取った受講申込料は、理由の如何に関わらず返金されないものとします。ただし、FCEパブリッシングによる契約に関わる債務不履行があった場合はこの限りではありません。

第6条(クーリングオフ・キャンセルポリシー)
1.本講座の受講申込につきましては、クーリングオフ制度についての適用はありません。
2.申込者・受講者が本講座の受講申込を申請した後における申込者・受講者からのキャンセルに関わる受講料の返金等については、FCEパブリッシングサイトにて案内される本講座に関わるキャンセルポリシーに準じるものとします。

第7条(受講環境の整備)
1.受講者は、本講座を受講するために必要となる機器・ソフトウェア、通信環境、セキュリティ対策、およびその他を自らの責任と負担により整備するものとします。
2.FCEパブリッシングは申込者および受講者の本講座を受講するための環境整備について一切関与せず、また一切の責任も負担しません。

第8条(個人情報の取扱い)
1.FCEパブリッシングは、申込者・受講者に関わる個人情報をFCEパブリッシングのホームページにて掲載する「プライバシーポリシー」に則して適切に取り扱うものとします。
2.FCEパブリッシングは、本講座をZoomその他の第三者サービスを介して実施・提供する場合、当該第三者サービス運営者に対し受講者に関わる個人情報を、本講座実施・提供に必要となる最低限の範囲において提供する場合があり、受講者はこれに予め承諾するものとします。

第9条(受講者の禁止事項等)
1.受講者は、本講座の受講およびその他本契約の遂行に関わり、以下の各号の各行為およびこれらに類似する行為をし、またそのおそれのある行為をしてはなりません。
①本講座のZoom等における講座風景およびその他関連の様子について映像・音声等を録画・録音する行為
②FCEパブリッシング、Fコヴィー、または本講座の他の受講者、その他第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為(かかる侵害を直接または間接に惹起する行為を含みます。また、本講座その他において知り得た他の受講者に関わる事項を第三者に流布する行為や第三者を誹謗・中傷する行為を含みます)
③他の受講者の個人情報を収集し蓄積する行為、またはこれらをしようとする行為
④本講座を、受講者本人を除く第三者に受講・視聴させ、あるいは第三者に本講座の運営に干渉させる行為
⑤FCEパブリッシングによる本講座の運営および運営管理業務を妨害するおそれのある行為
⑥本講座の円滑な運営のためにFCEパブリッシング・講師がなす合理的な要請事項に従わない行為
⑦犯罪行為に関連する行為、または公序良俗に反する行為
⑧面識のない異性との出会い等を目的として受講する行為
⑨猥褻的、暴力的な画像その他一般の方が不快に感じる情報や言動を送信する行為
⑩法令またはFCEパブリッシングが定める規則に違反する行為
⑪特定の政党もしくは政治団体のための活動、宗教活動等を目的とした一切の行為
⑫商業用の広告、宣伝または勧誘を目的とする行為
⑬自分以外の人物を名乗ったり、他の企業・団体・組織等の代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする言動をする行為
⑭本講座により得た情報や教材等を、無断でそのコピー、複製、SNSその他のWebサイト等へのアップロード、掲示、電送、転売、配布等をする行為
⑮事実に反する情報を他の受講者およびFCEパブリッシングに流布する行為
⑯他の受講者による本講座の受講を妨害する行為
⑰他者に違法行為を勧誘または助長する行為
⑱講師その他FCEパブリッシングスタッフおよび他の受講者への暴言・脅迫行為、不良行為、その他嫌がらせ等をする行為
⑲本講座、FCEパブリッシング、講師、Fコヴィー、および他の受講者の信用を失墜・毀損させる行為
⑳コンピューター・ウイルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
㉑虚偽の情報に基づく申請等の手続きをする行為
㉒本規約に違反する行為
㉓FCEパブリッシングから受講者に対し登録された電話もしくはメール等により連絡しているにも関わらず、合理的な理由なく5日間以上受講者が返信等をなさない行為(受講者と連絡が取れない状況が続いた場合)
㉔前各事項に類する行為
㉕その他、FCEパブリッシングが不適切と判断する行為
2.FCEパブリッシングは、受講者の行為が前項各号のいずれかに該当し、または該当するおそれがあるとFCEパブリッシングが判断した場合には、受講者に事前に通知することなく、本契約の解除、登録の取消し、受講停止、本講座への参加停止(本講座実施中における接続解除による強制排除措置を含みます)等の措置を採ることができるものとします。このときFCEパブリッシングは、既に受講者に関わり受領している本講座の受講申込料を受講者に返還等することを要せず、また本項に基づきFCEパブリッシングが行った措置に基づき受講者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
3.受講者は、本講座の受講前後あるいは本契約の終了後においても、FCEパブリッシングまたはFコヴィーとの特段の合意なく以下の各号の各行為およびこれらに類似する行為をし、またそのおそれのある行為を有償無償を問わずしてはなりません。
①本プログラムおよびその他「7つの習慣」商品(各種講座プログラムおよび関連商品(書籍や講座プログラムで使用される資料類を含みます)を指し、以下「7つの習慣商品」といいます)を翻訳し、改良・使用し、転用し、または第三者に提供(第三者に対し、本プログラムおよびその他「7つの習慣)講座プログラムと同内容もしくはこれらをアレンジした講座を提供および実施することを含みます)等する行為
②7つの習慣商品またはFCEパブリッシングおよびFコヴィーのノウハウおよび著作物をベースとして新たな商品、講座プログラム、マテリアルを開発する行為
③7つの習慣商品を新規開発、制作する行為
④本プログラムのコンテンツ、プログラム、講座テキストおよび関連教材類、ツール、マテリアル、その他本講座により得た情報等、およびそれらのコピー・複製物を無断でSNSその他のWebサイト等へのアップロード、掲示、電送、転売、配布等をする行為
4.受講者の行為が第1項各号または第3項各号のいずれかに該当し、または該当するおそれがあるとFCEパブリッシングが判断した場合において、その行為によりFCEパブリッシング、Fコヴィー、本講座の他の受講者、またはその他第三者に損害を与えたとき、受講者はこれらの者が被った全ての損害を賠償しなければなりません。

第10条(本講座の変更・中断・停止等)
1.FCEパブリッシングは、FCEパブリッシングの都合により、本講座の全部または一部をいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。
2.FCEパブリッシングは、以下のいずれかの事由があると判断した場合、受講者に事前に通知することにより本講座の全部または一部の実施を停止または中断等することができるものとします。また、FCEパブリッシングが緊急を要すると判断した場合は、受講者に対する事前の通知をなさず本講座の全部または一部の受講を停止または中断等することができるものとし、受講者に対する通知を事後におこなうことができるものとします。本項に基づく措置をした場合において、FCEパブリッシングは、本講座の受講の停止または中断により受講者または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
①FCEパブリッシングが本講座に関わるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
②地震、落雷、火災、停電、疫病蔓延、天災、その他政府・行政機関等の指示・要請などの不可抗力により、本講座の提供・運用が困難となった場合
③本講座に関わるコンピュータシステムまたは通信回線が事故により停止等した場合
④その他、FCEパブリッシングが本講座の提供・運用が困難と判断した場合

第11条(免責事項等)
1.受講者は、本講座の受講または講座修了認定が、受講者の能力向上および成長を実現すること、あるいは受講者に何らかの成功・利益・成果等を創出されることをFCEパブリッシングおよびFコヴィーが保証できるものではないことに同意の上本講座を申し込み、受講するものとします。
2.本講座に関わる全ての事項は受講者の自己責任においてなされるものであります。本講座により提供される事項等について、それらの採択については受講者の自己責任に基づく判断のもとおこなわれるものであり、結果についてFCEパブリッシングおよびFコヴィーが責任を負えるものではなく、またFCEパブリッシングおよびFコヴィーは責任を負担しません。
3.受講者が本講座の受講により、第三者の権利を侵害しまたは第三者に対して損害を与えたこと、あるいは受講者が第三者より権利侵害を受けまたは損害を受けたことに関連して生じた全ての苦情や請求について、FCEパブリッシングおよびFコヴィーは一切関知せず、また損害賠償その他の責任・義務を一切負いません。
4.FCEパブリッシングは、本講座の内容の追加、変更、または本講座の中断、終了によって受講者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。また、アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
5.FCEパブリッシングは、次に掲げる場合、当該受講者の登録情報や受講者が参加する本講座の風景を録画したデータ等を第三者に開示または提供等すること(総称して以下「開示等」といいます)ができるものとします。FCEパブリッシングは、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。
①FCEパブリッシングが、受講者に対し電話をし、または受講者の登録メールアドレスに宛てて開示等の同意を求める電子メールを送信した場合で、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
(ア)受講者が開示等に同意したとき
(イ)FCEパブリッシングが開示等の同意を求める電子メールを送信してから7日以内に、これを拒否する旨の受講者の電子メールでの回答がFCEパブリッシングのメールサーバに到達しなかったとき。ただし、緊急性があり止むを得ない事由が生じたときは除きます。
②本講座の技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要なとき。
③裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けたとき。
④本規約に違反する行為またはその恐れのある行為が行われ、受講者または他の受講者の言動等の内容を確認する必要が生じたとFCEパブリッシングが判断したとき。
⑤人の生命、身体および財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとFCEパブリッシングが判断したとき。
⑥本講座を適切に運営するために必要が生じたとき。
⑦その他本規約にて定める事項に該当するとき。

第12条(本規約の変更等)
1.FCEパブリッシングは以下の場合に、FCEパブリッシングの裁量により、本規約を変更することができます。
 (1)本規約の変更が、申込者・受講者の一般の利益に適合するとき。
 (2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に関わる事情に照らして合理的なものであるとき。
2.FCEパブリッシングは前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の1週間前までに、本規約を変更する旨および変更後の本規約の内容とその効力発生日をFCEパブリッシングサイトに掲示し、または申込者・受講者に電話もしくは電子メールで通知します。
3.変更後の本規約の効力発生日以降に申込者・受講者が本講座の申込み手続きをおこないまたは本講座を受講したときは、当該申込者・受講者が本規約の変更に同意したものとみなされるものとします。

第13条(反社会的勢力の排除)
1.申込者・受講者およびFCEパブリッシングは、現在および将来において、自己が次に掲げる各号に該当しないことを表明し、保証します。申込者・受講者およびFCEパブリッシングは、相手方がこれらの表明・保証に反した場合、相手方に何らの事前通知をすることを要さずに直ちに本契約を解除することができるものとします。
①暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的勢力と認められる企業、組織および個人等(以下、総称して「反社会的勢力」といいます)であること、また反社会的勢力であったこと
②反社会的勢力に直接的または間接的に資金提供していること
③前各号に掲げるもののほか、反社会的勢力と何らかの関係を有していること
2.申込者・受講者は、自らまたは第三者を利用して、次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
①FCEパブリッシング、Fコヴィーおよび本講座の他の申込者・受講者に対して脅迫的な言動をし、もしくは暴力を用いること
②偽計または威力を用いてFCEパブリッシングの業務を妨害すること
③FCEパブリッシング、Fコヴィーおよび本講座の他の申込者・受講者に対して不当な要求をすること

第14条(損害賠償)
申込者・受講者の行為(申込者または受講者の行為が原因で生じた第三者からのクレーム等を含みます)に起因してFCEパブリッシングおよびFコヴィーに損害が発生した場合、FCEパブリッシングおよびFコヴィーは当該申込者・受講者に対し、当該損害の全額(FCEパブリッシングおよびFコヴィーが負担する弁護士費用を含みます)を賠償請求できるものとします。

第15条(返金等)
本契約に関連して、FCEパブリッシングから申込者・受講者へ返金および支払いの必要が生じた場合、FCEパブリッシングは適宜その返金および支払いをしますが、延滞利息、法定利息、その他の利息は付されないものとします。なお、申込者・受講者との連絡が取れない場合、または必要な情報が提供されない場合など申込者・受講者の協力が得られず、FCEパブリッシングによる返金および支払いの必要が生じた日から2年を過ぎても返金および支払いができない場合、FCEパブリッシングは以降において当該返金および支払いをおこなう義務を負わないものとします。

第16条(権利義務の譲渡禁止)
申込者・受講者は、本契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、FCEパブリッシングの書面による事前の承諾なく第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとします。

第17条(本規約の有効性)
1.本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。
2.本規約の規定の一部が他の者(他の申込者または他の受講者等)との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約は申込者・受講者との関係では有効とします。

第18条(残存条項)
本契約が解約、解除その他理由のいかんに関わらず終了した後においても、第5条第5項、第8条、第9条、第11条、第13条第2項、第14条ないし第20条の各条項はなお有効に存続するものとします。

第19条(準拠法および管轄裁判所)
1.本契約の準拠法は、日本法とします。
2.申込者・受講者とFCEパブリッシングの間で訴訟の必要が生じた場合、FCEパブリッシングの本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第20条(協議解決)
FCEパブリッシングおよび申込者・受講者は、本契約に定めのない事項または本契約の解釈に疑義が生じた場合、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

2021年10月6日制定 
2021年10月6日適用
2022年 2月4日改定

以上

「7つの習慣セルフコーチング認定コーチ養成プログラム」講座 受講申込規約(契約事項)

本受講申込規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社FCEパブリッシングによって運営されるWebサービス「7SALON(セブンサロン)」が主催する「7つの習慣セルフコーチング認定コーチ養成プログラム」講座(以下「本講座」といいます)の受講申し込みと受講に関する諸事項を定めたもので、本講座の受講申込みをされる方(以下「申込者」といいます)およびFCEパブリッシングにより本講座の受講を許諾され本講座を受講される申込者(以下「受講者」といいます。また、申込者と受講者を総称して以下「申込者・受講者」といいます)とFCEパブリッシング間における本講座に関する契約(本規約に基づく契約を以下「本契約」といいます)となります。
本講座のすべての申込者・受講者は、本規約にしたがって本講座の受講申込みおよび受講をするものとし、本講座の受講申込みをされた場合には本規約に同意したものとみなされます。

第1条(適用)
1.FCEパブリッシングと本規約に基づく本契約を結ぶのは申込者・受講者の個人本人となります。
2.本規約においては、本講座の申込み・受講にあたり、申込者・受講者の皆様に遵守していただかなければならない事項、およびFCEパブリッシングと申込者・受講者の皆様との間の権利義務関係が定められており、申込者・受講者とFCEパブリッシングとの間のあらゆる関係に適用されるものとします。
3.FCEパブリッシングは本講座に関し、本規約のほか、受講申込みおよび受講にあたってのルール・手引き等、各種の定め(以下「個別規定」といいます)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
4.本規約の規定が個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。
5.本講座の受講申込みおよび受講に関わり、Zoomその他の通信サービスや決済サービスなど、第三者が提供しているサービスについては、当該サービス提供者の規約が適用され、本規約は適用されません。
6.本講座の受講申込みを希望される方が未成年の場合、本規約に基づく手続きはできませんので、未成年の申込希望者はFCEパブリッシングの本講座担当窓口に相談をしてください(当該申込希望者の保護者の同意が必要となる場合、または保護者とFCEパブリッシング間での契約が必要となる場合、あるいはFCEパブリッシングが契約をお断りする場合があります)。

第2条(本講座と修了認定について)
1.本講座は、「7つの習慣セルフコーチング認定コーチ養成プログラム」(下記ご参照。以下「本プログラム」といいます)を主にZoomを利用したオンライン会議形式にて提供される講座です(将来においてZoom以外の方法を利用する場合もあります)。
【本プログラムについて】
①本プログラムは、Franklin Covey Co.およびその子会社であるフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社(両者を総称して以下「Fコヴィー」といいます)が関連する知的財産権を保有する、個人あるいはグループでの使用を目的とした特定のオーディオ、ビデオ、マルチメディア制作物、印刷物およびその他の制作物を使用し、これらとノウハウに基づいておこなわれる講座プログラムです。
②本プログラムの知的財産権はFCEパブリッシングあるいはFコヴィーが保有しています。また、FCEパブリッシングは、本プログラムを使用し受講者に対し本講座を提供すること、および受講修了者に対し修了認定するライセンスをFコヴィーより付与されています。
③本プログラムの一部ではFCEパブリッシングの関連会社である株式会社FCEトレーニング・カンパニーが実施する「7つの習慣®Innovative Mind」講座(以下「IM講座」といいます)を受講することとなります。IM講座の受講料は本講座の受講申込料に含まれており、また申込者が本講座の受講申込をした場合、自動的にIM講座の受講登録がなされます。
2.本講座は、受講者を含むその他の複数の受講者と本プログラムを実施する講師(以下「講師」といいます)をZoomの会議室機能を利用し接続し実施されます。本講座の実施内容およびスケジュール等の詳細はFCEパブリッシングのWebサイト(以下「FCEパブリッシングサイト」といいます)等での別途の案内によります。
3.受講者が本講座の申込みをFCEパブリッシングにより承諾された日から、別途FCEパブリッシングが定めた期間内(特段の定めがない場合は申込日から6ヶ月以内となります。当該期間を以下「受講可能期間」といいます)に本講座の全ての単位講座を受講の上、FCEパブリッシングにより修了認定を受けた場合、FCEパブリッシングは受講者を「7つの習慣セルフ認定コーチ養成プログラム講座修了者」と定め、修了証を交付します(修了証の交付は修了後約1ヶ月後となります)。
4.受講者が受講可能期間内に本講座の全ての単位講座の修了認定を受けなかった場合、その理由の如何に関わらず、以降において受講者は単位講座を受講する権利を喪失するものとし、このとき、FCEパブリッシングは受講者に関わり受領済の本講座の受講申込料を返還することを要しないものとします。
5.前項において受講資格を喪失した受講者が本講座を受けようとする場合、改めて本講座の受講申込みをしたうえで単位講座全てを受講する必要があります。
6.本講座の修了認定は受講者個人に対してなされます。これは、例外的にFCEパブリッシングが受講者の本講座受講の申込み手続きを所属する法人または団体等の名義において受諾した場合においても同様となります。
7.本講座の修了認定は、本講座を修了したことを認定する主旨のものであり、FCEパブリッシングおよびFコヴィーが修了認定を受けた受講者に対し本規約において明示する事項を除き何等の権利等を付与するものではありません。
8.本講座の修了認定を受けた受講者は、別途FCEパブリッシングが定める手続きにより認定コーチ登録(登録料として年間36,000円(消費税別途)が必要となります。また、登録料は将来においてFCEパブリッシングにより金額が変更される場合があります。)をおこなったうえで、別途FCEパブリッシングと講師業務委託契約(以下「講師業務委託契約」といいます)を締結することにより、FCEパブリッシングが主催する「7つの習慣セルフコーチング (一般講座)」(以下「一般講座」といいます)の講師業務をFCEパブリッシングから受託する資格を得ることができます。なお、講師業務委託契約を締結した場合においても、FCEパブリッシングは、受講者が希望する数量の一般講座の講師業務を委託することを約すものではありません。
9.講師業務委託契約の締結については、FCEパブリッシングによる事前の適性度審査を含む選考審査に合格する必要がありますので、本講座の修了認定を受けた受講者が必ずしも講師業務委託契約を締結できるものではありません。また、本講座の修了認定を受けた受講者が当該選考審査に不合格となった場合、FCEパブリッシングは受講者に対し当該不合格となった理由を開示する義務を負わないものとし、また受講者に対し本講座の受講申込料の返金をなすことを要しないものとします。
10.受講者が講師業務委託契約を締結した後、FCEパブリッシングからの講師業務委託契約に基づく委託により講師業務を実施した場合、FCEパブリッシングから受講者に対し業務報酬として下記の各報酬(金額はいずれも消費税別途)が支払われます。なお、各報酬の発生要件および支払い方法等の詳細については講師業務委託契約の約定によります。また下記の各報酬の金額は本契約成立時点のものであり、報酬発生要件その他関連事項等は講師業務委託契約に基づき将来において変更される場合があります。
(1)コーチ業務実施報酬:
・受講者が講師業務を実施した一般講座を受講した者(以下「本対象受講者」といいます)がFCEパブリッシングに支払った本講座受講料の50%相当額。
(2)本講座(「7つの習慣セルフコーチング認定コーチ養成プログラム」講座)受講者創出報酬:
・本対象受講者が一般講座を受講修了した日から3か月以内に本講座を受講した場合、金1万円。

第3条(受講申込・受講資格)
1.本講座の受講を申し込みに際しては、申込者が、「7つの習慣セルフコーチング(一般講座)」の修了認定を受けていること、および本講座申込日から本講座の受講期間を経て修了認定を受けるまでの期間(この講座申込日から修了認定を受ける日までの期間を以下「本講座対象期間」といいます)において「7SALON」の有効なユーザー(会員)であることが前提要件となります。
2.申込者は、本規約の内容に同意したうえで、FCEパブリッシングサイトにて案内される所定の方法により申込みを行うものとします。
3.本講座の受講申込みをした申込者は、FCEパブリッシングが当該申込みを受理し、申込みを承諾した時点で本規約に基づく本講座の受講資格を得られ、本規約に基づく受講者として扱われるものとなります。
4.第1項の申込要件を満たさない場合、FCEパブリッシングは申込者からの申込みを受理せず、または受理を取り消すことができるものとします。
5.FCEパブリッシングが本講座の受講申込みを承諾した後、受講者が、本講座対象期間において「7SALON」のユーザーでなくなった場合、FCEパブリッシングは以降の受講者の本講座の受講資格および本講座の修了認定を受ける権利を消滅させることができるものとします。このとき、受講者が本講座の受講料等を支払済みであった場合でも、FCEパブリッシングはこれらを返金等することを要さないものとします。

第4条(受講申込の不承諾等)
FCEパブリッシングは、申込者が次の各号のいずれかに該当する場合、FCEパブリッシングの判断によって、申込者の申込みを受理または承諾をせず、または一旦なした申込みの承諾を撤回することができるものとします。この場合、FCEパブリッシングは申込者・受講者に対し当該受理または承諾しなかった理由あるいは承諾を撤回した理由を開示する義務を負わないものとします。
①「7SALON」サービスのユーザーではない場合
②本規約に基づく本講座の申込みまたは受講に関わる前提要件を満たしていない場合
③FCEパブリッシング所定の方法によらずに受講申込を行った場合
④虚偽の事項に基づいて受講申込した場合
⑤過去に本規約またはその他の規約・契約等に違反したことを理由として本講座またはその他FCEパブリッシングのサービスの利用停止処分を受けた者である場合
⑥その他FCEパブリッシングが不適切と判断した場合

第5条(受講申込料について)
1.本講座の受講申込料は、FCEパブリッシングサイトにて案内される金額となります。
2.受講申込料には単位講座の受講料、FCEパブリッシングが本講座に関連し受講者に配布するテキスト等料金、講座修了認定料が含まれています。
3.受講申込料は、FCEパブリッシングサイトにて案内される時期、方法にて支払われるものとします
4.前項の期日までに受講申込料全額の入金が確認できない場合、FCEパブリッシングは受講者の単位講座受講を拒否すること、あるいは本講座の申し込み受理自体を取り消すことができるものとします。
5.FCEパブリッシングが受け取った受講申込料は、理由の如何に関わらず返金されないものとします。ただし、FCEパブリッシングによる契約に関わる債務不履行があった場合はこの限りではありません。

第6条(クーリングオフ・キャンセルポリシー)
1.本講座の受講申込につきましては、クーリングオフ制度についての適用はありません。
2.申込者・受講者が本講座の受講申込を申請した後における申込者・受講者からのキャンセルに関わる受講料の返金等については、FCEパブリッシングサイトにて案内される本講座に関わるキャンセルポリシーに準じるものとします。

第7条(受講環境の整備)
1.受講者は、本講座を受講するために必要となる機器・ソフトウェア、通信環境、セキュリティ対策、およびその他を自らの責任と負担により整備するものとします。
2.FCEパブリッシングは申込者および受講者の本講座を受講するための環境整備について一切関与せず、また一切の責任も負担しません。

第8条(個人情報の取扱い)
1.FCEパブリッシングは、申込者・受講者に関わる個人情報をFCEパブリッシングのホームページにて掲載する「プライバシーポリシー」に則して適切に取り扱うものとします。
2.FCEパブリッシングは、本講座をZoomその他の第三者サービスを介して実施・提供する場合、当該第三者サービス運営者に対し受講者に関わる個人情報を、本講座実施・提供に必要となる最低限の範囲において提供する場合があり、受講者はこれに予め承諾するものとします。

第9条(受講者の禁止事項等)
1.受講者は、本講座の受講およびその他本契約の遂行に関わり、以下の各号の各行為およびこれらに類似する行為をし、またそのおそれのある行為をしてはなりません。
①本講座のZoom等における講座風景およびその他関連の様子について映像・音声等を録画・録音する行為
②FCEパブリッシング、Fコヴィー、または本講座の他の受講者、その他第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為(かかる侵害を直接または間接に惹起する行為を含みます。また、本講座その他において知り得た他の受講者に関わる事項を第三者に流布する行為や第三者を誹謗・中傷する行為を含みます)
③他の受講者の個人情報を収集し蓄積する行為、またはこれらをしようとする行為
④本講座を、受講者本人を除く第三者に受講・視聴させ、あるいは第三者に本講座の運営に干渉させる行為
⑤FCEパブリッシングによる本講座の運営および運営管理業務を妨害するおそれのある行為
⑥本講座の円滑な運営のためにFCEパブリッシング・講師がなす合理的な要請事項に従わない行為
⑦犯罪行為に関連する行為、または公序良俗に反する行為
⑧面識のない異性との出会い等を目的として受講する行為
⑨猥褻的、暴力的な画像その他一般の方が不快に感じる情報や言動を送信する行為
⑩法令またはFCEパブリッシングが定める規則に違反する行為
⑪特定の政党もしくは政治団体のための活動、宗教活動等を目的とした一切の行為
⑫商業用の広告、宣伝または勧誘を目的とする行為
⑬自分以外の人物を名乗ったり、他の企業・団体・組織等の代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする言動をする行為
⑭本講座により得た情報や教材等を、無断でそのコピー、複製、SNSその他のWebサイト等へのアップロード、掲示、電送、転売、配布等をする行為
⑮事実に反する情報を他の受講者およびFCEパブリッシングに流布する行為
⑯他の受講者による本講座の受講を妨害する行為
⑰他者に違法行為を勧誘または助長する行為
⑱講師その他FCEパブリッシングスタッフおよび他の受講者への暴言・脅迫行為、不良行為、その他嫌がらせ等をする行為
⑲本講座、FCEパブリッシング、講師、Fコヴィー、および他の受講者の信用を失墜・毀損させる行為
⑳コンピューター・ウイルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
㉑虚偽の情報に基づく申請等の手続きをする行為
㉒本規約に違反する行為
㉓FCEパブリッシングから受講者に対し登録された電話もしくはメール等により連絡しているにも関わらず、合理的な理由なく5日間以上受講者が返信等をなさない行為(受講者と連絡が取れない状況が続いた場合)
㉔前各事項に類する行為
㉕その他、FCEパブリッシングが不適切と判断する行為
2.FCEパブリッシングは、受講者の行為が前項各号のいずれかに該当し、または該当するおそれがあるとFCEパブリッシングが判断した場合には、受講者に事前に通知することなく、本契約の解除、登録の取消し、受講停止、本講座への参加停止(本講座実施中における接続解除による強制排除措置を含みます)等の措置を採ることができるものとします。このときFCEパブリッシングは、既に受講者に関わり受領している本講座の受講申込料を受講者に返還等することを要せず、また本項に基づきFCEパブリッシングが行った措置に基づき受講者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
3.受講者は、本講座の受講前後あるいは本契約の終了後においても、FCEパブリッシングまたはFコヴィーとの特段の合意なく以下の各号の各行為およびこれらに類似する行為をし、またそのおそれのある行為を有償無償を問わずしてはなりません。
①本プログラムおよびその他「7つの習慣」商品(各種講座プログラムおよび関連商品(書籍や講座プログラムで使用される資料類を含みます)を指し、以下「7つの習慣商品」といいます)を翻訳し、改良・使用し、転用し、または第三者に提供(第三者に対し、本プログラムおよびその他「7つの習慣)講座プログラムと同内容もしくはこれらをアレンジした講座を提供および実施することを含みます)等する行為
②7つの習慣商品またはFCEパブリッシングおよびFコヴィーのノウハウおよび著作物をベースとして新たな商品、講座プログラム、マテリアルを開発する行為
③7つの習慣商品を新規開発、制作する行為
④本プログラムのコンテンツ、プログラム、講座テキストおよび関連教材類、ツール、マテリアル、その他本講座により得た情報等、およびそれらのコピー・複製物を無断でSNSその他のWebサイト等へのアップロード、掲示、電送、転売、配布等をする行為
4.受講者の行為が第1項各号または第3項各号のいずれかに該当し、または該当するおそれがあるとFCEパブリッシングが判断した場合において、その行為によりFCEパブリッシング、Fコヴィー、本講座の他の受講者、またはその他第三者に損害を与えたとき、受講者はこれらの者が被った全ての損害を賠償しなければなりません。

第10条(本講座の変更・中断・停止等)
1.FCEパブリッシングは、FCEパブリッシングの都合により、本講座の全部または一部をいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。
2.FCEパブリッシングは、以下のいずれかの事由があると判断した場合、受講者に事前に通知することにより本講座の全部または一部の実施を停止または中断等することができるものとします。また、FCEパブリッシングが緊急を要すると判断した場合は、受講者に対する事前の通知をなさず本講座の全部または一部の受講を停止または中断等することができるものとし、受講者に対する通知を事後におこなうことができるものとします。本項に基づく措置をした場合において、FCEパブリッシングは、本講座の受講の停止または中断により受講者または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
①FCEパブリッシングが本講座に関わるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
②地震、落雷、火災、停電、疫病蔓延、天災、その他政府・行政機関等の指示・要請などの不可抗力により、本講座の提供・運用が困難となった場合
③本講座に関わるコンピュータシステムまたは通信回線が事故により停止等した場合
④その他、FCEパブリッシングが本講座の提供・運用が困難と判断した場合

第11条(免責事項等)
1.受講者は、本講座の受講または講座修了認定が、受講者の能力向上および成長を実現すること、あるいは受講者に何らかの成功・利益・成果等を創出されることをFCEパブリッシングおよびFコヴィーが保証できるものではないことに同意の上本講座を申し込み、受講するものとします。
2.本講座に関わる全ての事項は受講者の自己責任においてなされるものであります。本講座により提供される事項等について、それらの採択については受講者の自己責任に基づく判断のもとおこなわれるものであり、結果についてFCEパブリッシングおよびFコヴィーが責任を負えるものではなく、またFCEパブリッシングおよびFコヴィーは責任を負担しません。
3.受講者が本講座の受講により、第三者の権利を侵害しまたは第三者に対して損害を与えたこと、あるいは受講者が第三者より権利侵害を受けまたは損害を受けたことに関連して生じた全ての苦情や請求について、FCEパブリッシングおよびFコヴィーは一切関知せず、また損害賠償その他の責任・義務を一切負いません。
4.FCEパブリッシングは、本講座の内容の追加、変更、または本講座の中断、終了によって受講者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。また、アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
5.FCEパブリッシングは、次に掲げる場合、当該受講者の登録情報や受講者が参加する本講座の風景を録画したデータ等を第三者に開示または提供等すること(総称して以下「開示等」といいます)ができるものとします。FCEパブリッシングは、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。
①FCEパブリッシングが、受講者に対し電話をし、または受講者の登録メールアドレスに宛てて開示等の同意を求める電子メールを送信した場合で、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
(ア)受講者が開示等に同意したとき
(イ)FCEパブリッシングが開示等の同意を求める電子メールを送信してから7日以内に、これを拒否する旨の受講者の電子メールでの回答がFCEパブリッシングのメールサーバに到達しなかったとき。ただし、緊急性があり止むを得ない事由が生じたときは除きます。
②本講座の技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要なとき。
③裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けたとき。
④本規約に違反する行為またはその恐れのある行為が行われ、受講者または他の受講者の言動等の内容を確認する必要が生じたとFCEパブリッシングが判断したとき。
⑤人の生命、身体および財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとFCEパブリッシングが判断したとき。
⑥本講座を適切に運営するために必要が生じたとき。
⑦その他本規約にて定める事項に該当するとき。

第12条(本規約の変更等)
1.FCEパブリッシングは以下の場合に、FCEパブリッシングの裁量により、本規約を変更することができます。
 (1)本規約の変更が、申込者・受講者の一般の利益に適合するとき。
 (2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に関わる事情に照らして合理的なものであるとき。
2.FCEパブリッシングは前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の1週間前までに、本規約を変更する旨および変更後の本規約の内容とその効力発生日をFCEパブリッシングサイトに掲示し、または申込者・受講者に電話もしくは電子メールで通知します。
3.変更後の本規約の効力発生日以降に申込者・受講者が本講座の申込み手続きをおこないまたは本講座を受講したときは、当該申込者・受講者が本規約の変更に同意したものとみなされるものとします。

第13条(反社会的勢力の排除)
1.申込者・受講者およびFCEパブリッシングは、現在および将来において、自己が次に掲げる各号に該当しないことを表明し、保証します。申込者・受講者およびFCEパブリッシングは、相手方がこれらの表明・保証に反した場合、相手方に何らの事前通知をすることを要さずに直ちに本契約を解除することができるものとします。
①暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的勢力と認められる企業、組織および個人等(以下、総称して「反社会的勢力」といいます)であること、また反社会的勢力であったこと
②反社会的勢力に直接的または間接的に資金提供していること
③前各号に掲げるもののほか、反社会的勢力と何らかの関係を有していること
2.申込者・受講者は、自らまたは第三者を利用して、次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
①FCEパブリッシング、Fコヴィーおよび本講座の他の申込者・受講者に対して脅迫的な言動をし、もしくは暴力を用いること
②偽計または威力を用いてFCEパブリッシングの業務を妨害すること
③FCEパブリッシング、Fコヴィーおよび本講座の他の申込者・受講者に対して不当な要求をすること

第14条(損害賠償)
申込者・受講者の行為(申込者または受講者の行為が原因で生じた第三者からのクレーム等を含みます)に起因してFCEパブリッシングおよびFコヴィーに損害が発生した場合、FCEパブリッシングおよびFコヴィーは当該申込者・受講者に対し、当該損害の全額(FCEパブリッシングおよびFコヴィーが負担する弁護士費用を含みます)を賠償請求できるものとします。

第15条(返金等)
本契約に関連して、FCEパブリッシングから申込者・受講者へ返金および支払いの必要が生じた場合、FCEパブリッシングは適宜その返金および支払いをしますが、延滞利息、法定利息、その他の利息は付されないものとします。なお、申込者・受講者との連絡が取れない場合、または必要な情報が提供されない場合など申込者・受講者の協力が得られず、FCEパブリッシングによる返金および支払いの必要が生じた日から2年を過ぎても返金および支払いができない場合、FCEパブリッシングは以降において当該返金および支払いをおこなう義務を負わないものとします。

第16条(権利義務の譲渡禁止)
申込者・受講者は、本契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、FCEパブリッシングの書面による事前の承諾なく第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとします。

第17条(本規約の有効性)
1.本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。
2.本規約の規定の一部が他の者(他の申込者または他の受講者等)との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約は申込者・受講者との関係では有効とします。

第18条(残存条項)
本契約が解約、解除その他理由のいかんに関わらず終了した後においても、第2条第9項、第5条第5項、第8条、第9条、第11条、第13条第2項、第14条ないし第20条の各条項はなお有効に存続するものとします。

第19条(準拠法および管轄裁判所)
1.本契約の準拠法は、日本法とします。
2.申込者・受講者とFCEパブリッシングの間で訴訟の必要が生じた場合、FCEパブリッシングの本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第20条(協議解決)
FCEパブリッシングおよび申込者・受講者は、本契約に定めのない事項または本契約の解釈に疑義が生じた場合、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

2021年10月6日制定 
2021年10月6日適用
2022年 2月4日改定

以上