1. プライマリー・グレートネス

プライマリー・グレートネス

著者
スティーブン・R・コヴィー
訳者
フランクリン・コヴィー・ジャパン
定価
2,100円(税別)
発行年月日
2016年08月

コヴィー博士の未発表原稿&エッセーを特別に編集し、プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)を実現する12の原則を、読みやすくまとめました。

プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)とは、本当の自分であることであり、人格、誠実さ、心の奥深くにある動機と願望です。それに対して第二の偉大さとは、人気や肩書き、地位、名声、名誉、富です。コヴィー博士は、幸福で充実した人生を送るには第一の偉大さこそが不可欠であり、それを12の原則(誠実、貢献、プライオリティ、自己犠牲、奉仕の精神、責任感、忠誠心、相互依存、多様性、継続的な学習、学ぶために教える、再新再生)にまとめています。

ベストセラー『モチベーション3.0』の著者であるダニエル・H・ピンクが「本書は、人生を本当の意味で充実させ、価値ある貢献をして生きるための指針を探している人たちにとって、必読の一冊」というように、幸福で充実した人生を送りたいと願っている人すべてに読んで欲しい本です。また、本書は「7つの習慣」を学び直すことにも役立ちます。外的な成功の罠に陥る生き方から、深い心の平穏、満足、知恵にあふれた生き方へと変わっていくことについて、新たな気づきを与えてくれるでしょう。

本書『プライマリー・グレートネス』は、『7つの習慣』の著者スティーブン・R・コヴィー博士の未発表原稿の選集で、2015年末に米国で出版されました。上梓に際し選者のショーン・コヴィー(コヴィー博士の息子で『7つの習慣ティーンズ』の著者)は次のように寄せています。

「本書は、父のエッセーの選集です。これまで書籍としてまとめられていないものばかりですが、コヴィーを代表するエッセーであることは間違いなく、彼の思想の頂点に位置するものも含まれています。本書を読んでいただければ、コヴィーの洞察 に満ちた声がはっきりと聞こえてきて、あなたの心の奥に浸透していくことでしょう。また、これらのエッセーを書き下していた当時父は、『7つの習慣』の執筆にも取り組んでいましたから、その考え方の萌芽を確認する楽しさも味わえるでしょう」

さまざまな問題や失望など人生の負担が重くのしかかっていて、自分は成功者ではないのだ、と ても前進できそうにない、目標達成など夢のまた夢だ、と感じることは誰にでもある。スティーブ ン・R・コヴィーは、『プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)』の中で一二の原則を教えている。これらの原則に従って生 きれば、人格を磨き、自信を深めて、勇気を出して人生の試練を乗り越え、最高の人生を創造する ことができる
ムハンマド・ユヌス(2006年ノーベル平和賞受賞者)


『プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)』は、お金や権力、社会的名声など一般的に成功の証しと思われているものが、 誠実さ、愛、貢献に満ちた人生にははるかに及ばないことを教えてくれる。実際、個人の誠実さこ そ、あらゆる成功の土台なのである。この力強いエッセーの中でスティーブン・R・コヴィーは、 正しい価値観を持たずして価値を創造することはできないのだと教えている
インドラ・ヌーイ(ペプシコ最高経営責任者)


にとってコヴィー博士の教えは、私生活と職業生活を構築するための手段になっています。 『プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)』に示されている一二のてこは、誰にとっても、成功を達成する明確な道筋になります。黄金の知恵が詰まった素晴らしい一冊です!
ケヴィン・ターナー(マイクロソフト最高執行責任者)


スティーブン・R・コヴィーの瞠目すべき初期のエッセーには、真の成功の原則、あの有名な『7つの習慣』の種子がある。コヴィーは、そのトレードマークである明晰な思考によって、誠実さの重要性、誠実さがもたらす利点を説いている。記憶ではなく想像力を働かせて生きよと、力強 く語っている。『プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)』は、人生を本当の意味で充実させ、価値ある貢献をして生きるた めの指針を探している人たちにとって、必読の一冊である
ダニエル・H・ピンク(ベストセラー『モチベーション3・0』『人を動かす、新たな3原則』 『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』の著者)


『プライマリー・グレートネス(第一の偉大さ)』はコヴィーが何年も前に書いたものですが、今でも通用する内容です。私生活 と職業生活に関わらず、あらゆる人間関係における私たちの行動、他者に対する態度には、人格を 磨いて人生を送っていくことを決意し、それを実行しているかどうかが表れます。コヴィーはその ことを改めて思い出させてくれます
キモ・キッペン(最高学習責任者、ヒルトン・ワールドワイド・ユニバーシティ)

主な内容

はじめに 第一の偉大さ VS 第二の偉大さ
第Ⅰ部 第一の偉大さに到達するには
第一章 秘密の生活
第二章 人格:第一の偉大さの源泉
第三章 自分自身を原則に合わせるには
第四章 真北を見失わないために
第五章 考え方のリプログラミング
第Ⅱ部 成功のためのてこ
第六章 誠実さのてこ
第七章 貢献のてこ
第八章 プライオリティのてこ
第九章 自己犠牲のてこ
第一〇章 奉仕の精神のてこ
第一一章 責任感のてこ
第一二章 忠誠心のてこ
第一三章 相互依存のてこ
第一四章 多様性のてこ
第一五章 学習のてこ
第一六章 再新再生のてこ
第一七章 教えるてこ
第一八章 最後の言葉:賢明に生きる
スティーブン・R・コヴィー ファイナル・インタビュー